ホーム > 中央区を知るプロジェクト

2017年11月26日めぐるグルメ会開催

NPOちゅうおう恒例のめぐるグルメ会「日本橋クルーズ&老舗めぐり特別編」が11月26日に開催されました。

めぐるグルメ会は当NPOが対象にしている中央区をめぐって知って食べて楽しむという企画です。
今回は日本橋めぐりの会(http://www.nihonbashi-meguri.com/)代表の川崎晴喜様のコーディネートで実施しました。
当日は27名の参加となり大盛況になりました。

JR新日本橋駅に11時に集合し、川崎様の解説を聞きながら、日本橋界隈を歩いてまわりました。

最初は江戸切子の店 華硝に伺いました。
2008年の洞爺湖サミットで世界中の国賓に世界唯一の「米つなぎ紋様」の紺・紅2色のペアワイングラスを提供した世界一の江戸切子店です。
店員さんから江戸切子の作り方などを解説いただき、献上品や商品の見学をしました。ここではお土産に江戸切子模様の手ぬぐいをいただきました。
  

次に、文明堂日本橋本店に伺いました。
1900年創業の献上カステラ店で、支配人からカステラについての説明を受けました。
そこで、支配人お勧めの「特撰ハニーかすてら吟匠」を試食させていただきました。大変おいしかったです。
また、お土産に、カステラ巻きをいただきました。

3件目は山本海苔店に伺いました。
創業1849年の元祖味附海苔店で、のりについての説明をうけ、皇室献上海苔「旭の海」や焼きたての焼き海苔を試食させていただきました。
女優の山本陽子さんとの契約で、専属モデル契約年数世界最長としてギネス記録に認定されているそうです。

そのあとは、日本橋船着場に移動し、日本橋架橋100周年に完成した中央区の観光桟橋からクルーズ船にて説明付の60分東京湾クルーズを楽しみました。
天気も良く、非常に気持ちいい時間を過ごしました。
乗船しながら、八木長本店(創業1737年)のお出汁と日本一と評判の鰹煎餅をいただきました。

最後は、日本橋三井タワーに移動して、ミシュラン一つ星の日本橋代表の名店である日本料理 櫻川にて、倉橋料理長特選のふかひれごはんとマツタケのお吸い物をいただきました。
ごはんのあとは2018年5月真打昇進の100年に一度の天才・美人講談師神田 蘭の講談を拝聴しました。
来春の真打昇進後は、なかなかお呼びできない、今回限りの特別企画でした。
 

 

最後に当NPO理事長の岩崎より、締めのあいさつと一句を読んでお開きになりました。
「日本橋巡った後の帰り道 神田の駅に蘭の花咲く」

一日日本橋界隈を見て回って、知って食べて楽しんで、会員の交流も深めました。

ページのトップへ