ホーム > コラム・経営のヒント > 2016年9月定例会報告

コラム・経営のヒント

2016-09-12掲載

2016年9月定例会報告

9月の定例会は東京商工会議所ビジネスサポートデスク(東京南)の豊留 修一課長にご講演いただきました。

ビジネスサポートデスクは、2014年5月に新宿に設置され、その後2015年4月に港区、北区、墨田区にも設置され、4か所で23区の事業所を支援しています。
https://www.tokyo-cci.or.jp/soudan/bsd/

豊留様はこのうち浜松町に設置された東京南でコーディネータをされています。
ビジネスサポートデスクでは、小規模事業者を中心とした中小企業を対象に高度な経営課題の解決を支援する相談拠点です。
各拠点には、中小企業診断士。税理士を中心としたコーディネータが常駐し、事業継続や創業支援などの高度で専門的な経営相談に無料で対応しています。

ご講演では、まず、東京商工会議所が実施されている経営相談や資金の相談から始まり、ビジネスサポートディスクにおける支援内容、実際のどのような支援をしているかの事例も含めて丁寧にご説明いただきました。
年度内で最大15回の支援が可能で、特にじっくり支援をしていく案件に向いているとのことでした。

当NPOでも何人かの会員がビジネスサポートデスクで専門家としてご協力させていただいており、今後とも連携しながら中小企業の支援をしていきたいと強く思いました。

ページのトップへ