ホーム > What's New | コラム・経営のヒント > 2021年4月定例会報告

What's New, コラム・経営のヒント

2021-04-04掲載

2021年4月定例会報告

4月の定例会は当NPOの金子会員と田中会員から活力向上プロジェクトネクストのお話をいただきました。

活力向上プロジェクトネクスト(https://www.keieiryoku.jp/)は、
中小企業診断士や専門家等が
中小企業に対してきめ細かい伴走型の支援をおこなうとともに、
継続的なフォローアップのほか、経営のステップアップに向け、
助成金などの各種支援を実施する事業です。
中小企業のニーズに応じたきめ細かい伴走型支援を実施するため、6つの都内中小企業支援機関(
東京都産業労働局、公益財団法人東京都中小企業振興公社、東京都中小企業団体中央会、
一般社団法人東京都中小企業診断士協会、東京都商工会連合会、東京都商工会議所連合会)
が連携しています。

本事業のコーディネータをされている金子会員から、中小企業が支援を受ける流れの説明がありました。
①中小企業がチェックシートにしたがってセルフチェックを実施
②商工会議所、商工会の経営指導員等と中小企業診断士が中小企業を訪問しヒアリングを実施
③中小企業診断士が診断報告書を作成
④診断結果に応じた継続的フォローを専門家が実施

実際に支援を行っている田中会員からは中央区の老舗に対する診断とフォローの事例についてのお話がありました。

ページのトップへ